« マジっ?4時!! | トップページ | 喰いタン2② »

2007年4月20日 (金)

姉妹、まったく同じには出来ん

我が家はシスターズであるが、もちろん親の愛情は平等に与えている・・
つもりである>^_^<
が、私の考えとして受け取る側が平等と思わなければダメである、と思う。

目に見える部分ではどうしてもまったく平等は無理!

だって、娘2は洋服はお下がりが多いもんね。
お下がりがイヤなワケでなく、
「わーい、これかわいかったから早く(自分のとこに)来ないかな~って思ってたんだ(^o^)」
とほぼ喜んでいるが、買い物に一緒に行っても買うのは娘1が多くて娘2は退屈だし
どうせ自分も着るのに選ぶのはいつも娘1ばっかりだもん(・з・)とすねた事もある。

ただ外食率は断然娘2の方が多い。
学期の終わりなど、幼稚園の方が小学校より早く終わるから食べに行ったりするし、
今だって学校がお休みの日は娘1は部活があったりするから
つい食べに行ったりする(-_-;)
逆も、もちろんあるよ。

などなど・・色々あるよね。

でも、私はそれを内緒にしたりはしないでちゃんとそれぞれに言っていた。
その方がいいと思ったからね>^_^<
愛情は同じでも色々物理的に同じにできないことがある!と言うことも説明していたよ
もちろん、わかりやすい言葉でだけどね。

もちろんその時は相手をいいな~と思うかも知れないけど、
自分もありえることだからね。
しかも、もし内緒にして後でわかったら他にもお互い内緒があるかも知れない
といらぬ事まで考えさせたくなかったしね。
私が内緒にしなきゃいけないような事は最初からしなければいいじゃん!
と思っていた事もある。
「いいな~」とは思っても「ずるい」とは子供は思わなかったと思う。
ここがポイント!!
不平等ではないのだよ~子供に伝えたかったのよ(#^.^#)
大きくなればなるほど姉妹で色んな差が出てくるもん。
それでも相手をうらやむような事はして欲しくないからね。

今も、時間の都合がつかない時はどっちかだけ食べに連れて行ったり
遊びに連れて行ったりしても、仕方ないと思ってくれているようだ。
お互いどうだったかを楽しそうに話している。
親としては助かるよ(#^.^#)
もちろん行けなかった方の娘に
「今度、時間があるとき連れて行ってあげるね♪」
のフォローは忘れないよん>^_^<






|

« マジっ?4時!! | トップページ | 喰いタン2② »

育児」カテゴリの記事